CONTENTS

「なぜお金を借りるのか」は人によって異なるところです。しかし、お金を借りる理由には一定のパターンがあります。暮らしの中でお金を借りることになる理由として、2つのことがあります。

生活費が足りない

1つ目は、生活費が足りないからです。「生活費くらいちゃんと稼げばいいじゃない」と思う方もいるかもしれませんが、急に病気やケガになった場合や、冠婚葬祭で出費が多いと、いつもの稼ぎでは生活費もままならなくなることがあります。

そんなときにはどうやって切り詰めて生活しても、お金が足りなくなってしまうでしょう。そういう場合には、頭を下げてお金を借りるのも1つの手です。贅沢しようとしてお金を借りるわけではないので、親など身近な人に話せば貸してくれることも多いでしょう。

また、少しだけ一時的に借りるというのであれば、銀行や消費者金融を利用するのも1つの手段です。すぐに返せるあてがあるのなら、問題なく利用ができます。身近な人に生活費が足りないことを知られたくない場合にはピッタリです。

子供の進学費用が足りない

親の収入によっては、子供の進学費用が足りない場合もあるでしょう。そんなときに利用できるのが、奨学金や教育ローンです。義務教育まではそこまでかからなかったお金も、高校や大学に進学するときに急に大きなお金が必要になります。

しかし、親としては親の収入を理由に子供に進学の道を諦めて欲しくはありません。そこで奨学金や教育ローンを利用することによって、子供に安心して進学してもらえます。教育ローンは進学のためという目的が定まっているので、金利の低いことが多いです。